スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

今回も、コロスケのお話。

先日、コロスケが我が家に姉と共に来ていた一週間、ソラとコロスケの2ショット
が撮れなくて残念!といっていたわけなんですが、その日の夜に、偶然2匹で
並んでいたところを(・・・と言うか偶然何とか2匹がカメラの中に収まる距離に
いたところを)すかさず写真に撮り、苦しまみれの2ショットを撮ることが
できました。

2sa2638-1


これ以上近づくと、どちらかが新品のバネのように飛びのきます。

だいたい50センチ~1メートルの距離が精一杯ってとこですかね。


キウイ家滞在は2匹の仲をとりもってはくれませんでしたが、キウイはコロスケ
の、信じられない姿を目撃しました!


それは、姉がコロスケと共に自宅に帰る日、姉の旦那様が迎えに来てくれた時
のことです。

もうじき旦那様が来る・・・という時間帯になり、帰り支度を始めた姉の様子を
見ていたコロスケには、おそらく拭いきれない不安があったのでしょう。

それは・・・「またここに(キウイ家に)1匹だけ置いてかれるのではないか」
という不安。

前回コロスケだけを預かった5日間、最初の2日はよかったんですが、あとの
3日を、コロスケはホームシックと闘ったわけなんですね~。

2sa2639-2


なのでそわそわと落ち着かない。
姉が「お家に帰ろうね~」と言っても、まだ確実な安心を得たわけではない
様子でした。


そして事件は起こった!!


旦那様が迎えに来、姉の大量の荷物を先に車に運ぼうと、旦那様が玄関を
出た途端・・・

コロスケ、床を蹴り上げ玄関の土間に飛び降りると、一目散に旦那様追いかけて
外に飛び出してしまったのです!!!!!!

2sa2640-2



普段『置物』と呼ばれているコロスケが、いまだかつて、こんな躍動感に溢れた
動きを見せたことがあっただろうか!?

飼い主が帰宅しても見向きもしないで眠り続けるクールなコロスケが(姉が
10日間入院して帰ってきても、大して歓迎しなかったらしい)こんなにも
感情豊かに愛情を表現する様を目にしたことがあっただろうか!?



というか、そんなにキウイ家が嫌か!?コロスケよ!!!!!

2sa2641-1



・・・あ、そう・・・(泣)

(飛び出したコロスケは、術後で日常生活もままならない姉が靴下のまま
猛ダッシュで追いかけ、道路などには飛び出さずにすみました)

実は姉が入院する前にキウイに言ったことがあるんですよ。

「コロスケがキウイ家で犬らしくなって帰ってくるといいんだけど~」、と。

とっても犬らしい一面を見たコロスケ・・・、手を振るキウイを完全無視して
嬉しそうに帰っていきました。
でも飛び出すのは危ないからやめてね。


 
にほんブログ村 犬ブログへ 




スポンサーサイト

テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:7 | BACK TO TOP |

コロスケの極楽?生活

前回の記事で、大好きな我が家(姉夫婦宅)に元気に帰っていったコロスケ
ですが、その2日後には、再びキウイ家に戻ってきていました。

2sa2630-1



けれど今回は飼い主である姉のいくも一緒のお泊りということで、前回と違い
かなりご機嫌な様子です。
(姉がちょっとした手術をしたので、その静養のため1週間ほどキウイ家で
過ごしていたのです。)

一日中姉の寝ているお布団の側で、一緒に寝たりとウキウキ気分のコロスケ。

先週はあんなにキウイになついていたのに、いまやすっかり以前のような冷たい
オーラを身にまとい、『キウイ家は敵』と、あのでっかい目で再びテレパシー
を送っては、姉の腕の中でホクホク。(キウイが抱っこしようとすると逃げ
ていく・・・)

キウイとのお散歩でも、

2sa2637-1


このように突然全く動かなくなると言う反抗ぶり!!

この前までキウイがリードを引いておりこうに歩いていたのに、姉がキウイ家に
一緒にいるというだけで態度をコロッと変えるとはなんて思慮深いやつなんだ
お前は!!!
ボスが近くにいるから、キウイなんてもう必要ないって事ね!!

そんな可愛くないコロスケですが、姉がまだ色んな日常的なことをこなすのが
大変なので、キウイがシャンプーしました。


2sa2631-1


実はコロスケを洗うのは初めて!!

ソラは大暴れですが、コロスケはシャンプーがとっても好きらしく、大人しくして
いました。

しかしキウイのおぼつかない手付きに、ちょっと不満そう・・・。
お前なんかに洗われるなんて、屈辱だとも言いたげな顔じゃあありませんか・・・。

シャンプー後のドライヤーは姉がかけましたが、なんと、ドライヤーも大好き
らしく、あくびまで・・・。

2sa2632



おもちゃで遊びながら乾かされているコロスケは、なんだか幼く見えました。
こんな面もあるのね~。

2sa2633-1



明日には帰る姉とコロスケですが、ソラとコロスケの2ショットが全く撮れま
せんでした。


だって相変わらず2匹がくっついてる瞬間ってさっぱりない!!
合計で12日も一緒に過ごしたっていうのに・・・!!
相手のいいとこの一つや二つ探す努力して、いい加減仲良くなるという努力を
したらどうなのか!?



そんなキウイの声にならない叫びを知ってか知らずか、コロスケ兄ちゃんが
1階で使っている穴蔵式ベッドに、ソラくん遂に潜入!!

2sa2636-1



ずっと入りたかったみたいなんですが、兄ちゃんが怖くて入れなかったみたい
なんですよね~。

2sa2634-1

2sa2635-1



鬼のいぬまに(コロスケはこの時2階にいた)、嬉しそうにくつろぐソラ。
相変わらずソラには、これが精一杯みたいです。


 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、キウイ家滞在レポート5(最終日)

コロスケのキウイ家滞在も、本日が最終日となりました。

昨日の夜には、ホームシックの峠も越え、かなり落ち着いてのんびり過ごした
コロスケ。

2sa2628-1


朝、声をかけると、こんな風にケージから顔を出しました。

2sa2623-1


「おはよ~コロスケく~ん」

ホームシックのキュンキュン声には多少手を焼いたものの、5日間、よく
頑張ってくれました!

2sa2624-1



そして頑張ったのはソラくんもです。

自分がかまってもらえなくても、すねることもひねくれることもなく、(ただ
何も考えてなくて単純なだけじゃ?と思った人80%)おりこうにしていて
くれましたね~。

不仲な2匹なので、絡みは全くありませんでしたが、兄ちゃんへの恐怖心も
克服し(?)、兄ちゃんがウロウロする中でもこうやって鼻の穴を広げながら
グースカ寝る根性はしっかり身につきました。

2sa2625-1



お昼には、いつものようにりんごの摩り下ろしをご機嫌で食べたコロスケ。

2sa2526-1


今日は『キュンキュン』もほとんどなく、いつもの『ブーブー』に声が変わって
いたので、一安心。
不平不満をたれる余裕が出てくれば何も心配はいらないでしょう。

そうしてその後、「今日はお家に帰ろうね」と告げると、ピョン!ピョン!と
飛び跳ねて大喜びしていました。

姉の旦那様と感動の対面をした後は、自宅の愛用テントの中でさっそく
スヤスヤ。
キウイ達と別れを惜しむ様子は全くなく(泣)、さっさと吸い込まれるように
ケージに入り眠ってしまうあたり、クールなコロスケらしいです。
この至福の表情も、やっぱりキウイ家ではとうてい目にすることは出来ません。
やっぱりお家が一番だよね。

2sa2627-1



ところで、コロスケは我が家に5日間いたわけなんですが、うちの父親は
4日目まで、コロスケに向かって『ソラくん』と話しかけていました。

父には、犬の顔は全部同じに見えるのでしょうか?謎です。

2sa2629-1


5日間のレポートに付き合ってくださった方々本当にありがとうございました。


頑張ったコロスケに、お疲れ様、のクリックよろしくね!
 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、キウイ家滞在レポート4

さて、4日目に突入いたしましたコロスケ滞在レポート。

昨日、少しホームシック気味だったコロスケ、夜になるにつれますます心細く
なってしまったらしく、コロスケのために用意した8畳の部屋のケージに
1匹で寝かそうとすると『キュンキュン』。
なので、キウイの部屋のケージで寝かせました。

しかし、朝になってからも、朝食を食べ終わった途端に再びホームシックの波が
押し寄せて来たらしく(なんて便利な時間設定!)、昨日同様、入り口を陣取って
キュンキュンの大熱唱。


2sa2613-1


今回の為に、2回キウイ家でお泊りの練習をしたコロスケですが、いづれも
1泊で、翌日の午後には姉の旦那様が迎えにきてくれてたんですよね~。

なので今回も1泊で帰れるつもりでいたのでしょうが、何日経っても誰も
迎えに来ないので、
『このままキウイ家の子になれってことか!?冗談じゃない!!』
という恐怖心に襲われていたとしても無理はありません。


ソラはそんな兄ちゃんを気遣ってか、家族にかまってもらえないときもジッと
こうやって耐えています。

2sa2614-1


キウイだって、未だかつてこんな弱気なコロスケを見たことがありません!!


そんなコロスケ、とりあえずキウイの部屋が一番居心地がいいらしく、部屋に
連れていくと『きゅんきゅん攻撃』をやめて、大人しくなります。

そしてこんな風にリラックス。

2sa2618-1


2sa2617-1


ちょっとばかり仲良しをアピールするために、強引にコロスケの横に寝てみたり・・・

2sa2620-2



普段、飼い主が帰宅しても特に歓迎することはないという犬らしくないコロスケ。
今回姉夫婦に会ったら、「会えてうれしいよお~!!」ってたくさん尻尾を
振ることでしょう。

2sa2616-1




こんな風にホームシックの真っ最中のコロスケですが、相変わらず衰えることが
ないのはやっぱり食欲!!

2sa2621-1


どんなに悲しそうな声で鳴いている最中でも、ひとたび食べ物が登場すれば、
掃除機のようにごはんやりんごの摩り下ろし、バナナをすごい勢いで吸い込んで
しまいます!
『食べ物がもらえる!!』と分かった時のコロスケのキラキラした表情と言った
ら!!

なのでコロスケを励ます時キウイは、
『夜にはヨーグルト食べて、寝る前にはかつおのおやつ食べような』
と食べ物の名前を羅列させる事にしています。


コロスケの頑張りにキウイはとっても感心しています!
みなさんもコロスケに応援のクリックよろしくね^^

 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。



テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、キウイ家滞在レポート3

さて、コロスケのキウイ家滞在も3日目に突入しました。

しかし、3日目になってもキウイにはどうしても慣れないことがあります。

それはこれ。↓

2sa2605-1


人間の食事が終わる頃になると、水面に映った人影にユラユラと寄ってくる
鯉のように、どこからともなく現れてはテーブルの下でジッとキウイを見つめる
コロスケです。

どうやら姉は普段、自分の食事が終わる頃に、何かしらデザートをコロスケに
分けてあげていたみたいなんですよね。


しかし、キウイ家は姉夫婦宅ほど食糧事情がよくありません。

人間ですらデザートを食いっぱぐれることがあるというのに、そうそう毎回
コロスケにおすそ分けできるものが食卓に並ぶとは限らないのです。

しかし、この食い入るように見つめる視線、無視することはほとんど不可能・・・。

どんなに『気付かないフリ』を決め込んでも、年貢の取立てに来る恐ろしい役人
のようにキウイの前に立ちはだかり、結局冷蔵庫からヨーグルトなどを探しては
デザートとしてくれてやる羽目になっております。

2sa2606-1


芸は1つもありませんが、ある意味、すばらしい技を持っているコロスケです・・・。



そんなこんなで今日も変わらぬ食欲を見せ付けるコロスケですが、3日目の
滞在にしてなんと、ホームシックにかかってしまったようなのです!!

↓こうして入り口付近でキュンキュンキュンキュン。

2sa2611-1



キウイはコロスケが普段から不平不満ばかりを言って、鼻をブーブー鳴らすのは
何百回と聞きましたが、キュンキュン鳴くのを聞いたのは初めて!!

大好きな姉夫婦と離れて3日も暮らすなんて今までなかったことだもんね~。
あと少しだから、頑張ろうねコロスケ!

でも食欲も旺盛だし、お散歩もわがまま言わずに元気よくおりこうに行って
来たので、心配はいらないでしょう^^

2sa2612-1




ところで・・・ソラとの関係はどうなったかというと・・・・

2sa2607-2


相変わらず全く進展のない2匹。

2sa2608-2


3日も一緒に暮らしても、2匹の間には常にある程度の距離があり、接触する
ことはありません。

この写真の距離が限界かな?

2sa2609



おっ、ソラの目も開いて、まずまずの2ショットかな。


目力で食材をゲットする器用なコロスケに、『さすが!!』のクリックよろしくね!
 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、キウイ家滞在レポート2

お泊り保育の成果が出ているのか、今日も朝から食欲も旺盛なコロスケ。

2sa2604-1


雨だったけど、う○ちもオシッコも問題なく室内のトイレシートでしっかり
してくれました。

そんな中、コロスケに会いに、友達のH子が遊びに来てくれました。

しかし!!
これまたみなさんご存知の通り、コロスケは飼い主意外になつかない、可愛気の
ないクールなワンコ・・・。

『コロスケは愛想のない犬ですがよろしく』
という姉の伝言はバッチリ伝えてあったのですが、なんと・・・愛想がなかったのは
むしろソラ!!

一応、ソラの立場を尊重し、最初にソラをH子のいる部屋に連れて行ったの
ですが(ソラとH子は、以前に会ったことがあります)吠えるわ吠えるわで
手が付けられない状態に・・・(--;

2sa2600-1


仕方ないのでほんの10分ほどで、ソラには退室していただき、コロスケ
と交代~。

初めて会うH子を、コロスケも最初は警戒して「ウ~ッ」と唸ってはいたの
ですが・・・

しかしコロスケには、水戸黄門の印籠のように絶大な効果を発揮する『おやつ戦法』
があります!!

どんな頑なな心も、おやつでわりとあっさり開いてしまうというポリシーの
なさが売りのコロスケは、H子の手の中に登場した2粒のおやつで、思惑どうり
コロッとH子に唸るのをやめ、とりあえず敵とみなすことはやめてくれた
様子。

しかし驚いたのはこの先!
なんとコロスケは、その後H子に、抱っこまで許してしまいました!

2sa2601-1


ちょっと足が踏ん張りぎみですが、その後は・・・

2sa2602-1


こ~んなリラックスしたお顔に^^

2sa2603-1


すっかりH子のことが気に入ったみたいです。

意外に友好的な態度でお客様をもてなしたコロスケ。

今日もまた、コロスケの知らない顔を発見したキウイでありました。

コロスケは猫をかぶっているのでは・・・と思うアナタ!クリックよろしくね^^
 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、キウイ家滞在レポート1

姉夫婦が忙しいため、ほんの数日ですがコロスケがキウイ家の子になることに
なりました。
前回のお泊り保育、本番というわけです。
(前回のお泊り保育を見る→コンコン子狐コロスケの、お泊り保育パート1            
                  コンコン子狐コロスケの、お泊り保育パート2

前回のお泊り保育は、意外にもコロスケの図太い根性を見せ付けられる結果と
なりましたが、今回はちょっと日数も長いので、コロスケもホームシックに
なるかもしれません。

姉夫婦に安心していただくためにも、ほんの短いブログになるかもですが、
数日間は毎日アップしようと思います。



本日、夕方に我が家にやってきたコロスケ。

最初は「ええ~!!まさかまたお泊り!?」と不安な様子を見せていましたが、
ほどなく始まった父親の晩酌を確認した途端、素早い嗅覚でピッタリ横に
くっつきおこぼれを期待する変わり身の早さ!

2sa2597-2
※勿論何ももらえません。

なんとも堂々とした様子ではありませんか。
おこぼれをゲットする自信が、みなぎっている気さえします。



この時ソラは・・・






2sa2598-1


コロスケにいつものポジションを先取りされてしまい、部屋の隅っこで小さく
なっていましたとさ。あんたのテリトリーなのにね・・・

頑張れソラ!!



2匹の距離は縮まるのか!?
応援のクリックよろしくね!

 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。

テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、お泊り保育パート2

(これはパート1からの続きです。パート1はこのすぐ下の記事です)

そんでもって翌日。

ものすごい早朝に、キウイ、コロスケの鼻をブーブー鳴らす音で起こされる・・・。


2sa2584-1


見ると、キウイのベッドから見える位置にわざわざ移動し、「俺はもう起きた
んだから、あんたも起きた方がいいんじゃないのか?」と自分勝手なアピールを
延々と繰り返すコロスケ。

その図々しい主張につきあってやるようなキウイでもなく、通常の時間まで
根性でしっかり寝てから、コロスケと一緒に1階へ移動すると、ソラと仲良く(?)
お父さんの取り合い。

2sa2585-1


信じられないかもしれませんが、姉が帰ってしまってからコロスケは、

1回もソラを追い立てたりしていじめることなく、

一定の距離を保ちつつ穏やかな様子なんですよね~!!

ソラも兄ちゃんが襲ってこないことを知り、いつものペースで行動していて、
なんだかとってもいい感じ。

2sa2586-1


朝ごはんを大喜びで平らげたコロスケは、その後しっかりう○ちもして、
あとは側にあった自分のベッドの中でひたすら寝ていました。

この間キウイは家事に大忙しだったのですが、ふと気付くと2匹がこんな
ことに・・・。↓

2sa2587-1


この状態で約10分ほど・・・。
一体何をしていたんでしょうか??????

謎です。


その後は、コロスケの為に2階に設置したもう1つのケージへと移動させ、
(これは使っていない部屋を、丸々コロスケの為に使わせてあげたのですよ~。
至れり尽くせりじゃないか~)ゆっくり過ごさせてあげました。

2sa2588-1


コロスケは午前中いっぱいはとにかく寝たおすのが日課なんだそうです^^;

ここで、通常はなかなか撮れないコロスケをパチリ。↓

2sa2589


2sa2590


いいお顔でしょ?
こういう顔は、本当になかなか見せてくれないんです。


そんなこんなで、今回のお泊りは終了。

コロスケの変わり身の速さと順応性にとにかく驚きましたが、とってもおりこう
に1泊を過ごしたコロスケ。
普段はキウイがリードを持つと、お散歩も1歩も動かないんですが、今回は
シャキシャキとリズミカルにちゃんと歩いてくれ、本当にいつもの悪態が
ウソのよう!!

姉のだんな様がコロスケをお迎えに来た時は、キウイは用事で外出中だったん
ですが、帰ったらコロスケはいないんだなって思ったら、とっても寂しい
気持ちになりました。

だってとっても素直でよい子なコロスケだったんですもの~♪
少しはキウイ家の人間にも心を開いてくれたってことでしょうか??



しかし、そんな風に思ったのもつかの間、後から聞いた話なのですが、コロスケは
姉のだんな様が迎えに来た途端、

ソラをいつものように追い立て始めたそうです・・・--;


いい子のコロスケはどこへ?
やっぱり猫被ってたってことなのか!?

ダテに鼻が長くないコロスケ・・・その子狐顔で、キウイを一晩、化かしたのかも
しれません。

2sa2591-1



ある意味アッパレなコロスケに、さすが!!のクリックよろしくね^^

 
にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

コンコン子狐コロスケの、お泊り保育パート1

先日、キウイ家に、コロスケがお泊りにきました。
姉とコロスケ・・・ではなく、コロスケだけでのお泊りです。

わけあって6月は姉夫婦が大忙しなので、その間ほんの何日かコロスケを
キウイ家で預かる予定なんですが、皆さんもご存知の通り、コロスケはキウイ家
の家族ととソラが大嫌いで、とにかく飼い主の姉夫婦が命!!というワンコ・・・。

いつも姉に連れられてキウイ家に来る時は、とにかく姉の膝の上から一切
降りる事はなく、『絶対にキウイ家の人間には心を開くものか!! 』という
頑なな意志がビシビシと伝わってくるわけです。

なので、本番前にお泊りの予行練習をしよう・・・ということになったわけです。

姉が帰った後、ポツンと残されたコロスケ。

「冗談だよね?」とちょっと落ちつかなそう・・・。

2sa2575-1


こんな不幸な状態でも、口元にはやっぱり笑みを浮かべてしまう悲しいサガ
のコロスケ。

以前キウイ家に来た時、ソラの存在に耐えられずに吐いてしまったことのある
コロスケは、普段の根性の悪さとはウラハラに、とにかく繊細でデリケート
心の持ち主なので、姉からの指令は

「とにかくコロスケをちやほやしてやって!!キウイはコロスケの専属世話係
に徹して!!」

という事でした。
コロスケに対する愛を感じますが、どうも今ひとつ何かが間違っているのでは・・・
という疑問も拭いきれません。

しかし、キウイ家でたった一匹で過ごすコロスケのストレスを考えれば、
仕方のないことでしょう・・・。


ところが・・・

キウイの部屋に連れて行くと、他の犬用クッションを全て無視して堂々と
キウイのベッドにあがり、我が物顔!!

2sa2576-1



しばらくは物音に敏感に反応したり(姉が戻ってきたかも、と思うらしい)
キウイに背中を向けるなどしていつもの頑な姿勢を貫いていたものの・・・

2sa2577-2



そのうち姉が帰ってこないことを感じると・・・

2sa2578-1


あっさり甘え始めました!!

2sa2579-1


なんだこのトロ~ンとした顔は!!
お前にプライドというものはないのか!?

今までコロスケの行動に犬らしさを感じることは滅多にありませんでしたが、
この順応性、この適応力の高さ!!
ここぞとばかりに動物の持つ恐ろしい能力を見せ付けてくれました!!

味方(姉)がいない今、キウイを味方につけなくては、ここでの暮らしが
不透明な事態になる!!ということを野生の勘であっという間につかんだ
のでしょうか。

なんという変わり身のはやさ!!カメレオンコロスケ!!

その後もマイペースでくつろぎ・・・

2sa2580-1


「ねうねうのご褒美」(訳:姉とコロスケ用語で、寝る前のおやつ)と言うと
尻尾を振って大喜び!!

2sa2581-1


ストレスで減退するのではと心配した食欲も、全く衰えていません!

ソラがキウイの部屋に来た時に使っている特設ケージをコロスケの寝床に
提供すると、あっさり寝てしまいました。

2sa2582-1

2sa2583-1



翌日の様子はパート2へ続く~。


初めての1匹だけのお泊りに心細い(?)コロスケ。応援のクリックよろしくね~^^

にほんブログ村 犬ブログへ 


※コメントのお返事が遅れ気味になってしまい申し訳ないので、しばらく
コメント欄を表示しない形にさせていただきます。

テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | BACK TO TOP |

クールな男、コロスケ

(予約投稿ですので、前の記事のお返事を書く前にupされている可能性があります)

先日の記事のコメントに、たぁふぃ~さんが、『うちのわんこは、自分が帰宅
した際、まず買い物袋に顔を突っ込んでチェックしてからでないと自分の
ところにおかえりを言いに来てくれない。』という書きこみをしてくれました。

実は私も先日、姉の家に行った際、コロスケが姉夫婦が帰宅したにもかかわ
らず、お出迎えをしない
・・・という事実を目の当たりにし、非常に驚いた
ばかりでありました。

2sa2426-1


以前から「あんまり喜ばない」、「飼い主が帰ってきても、ケージの中の
テントの中に入って丸くなって寝ている」、「姉が1泊入院し、丸一日ぶりに
帰ってきた時も特に無反応」・・・などなど・・・、話は何度か聞いてはいましたが、
飼い主命のコロスケが、このような薄情な行動を取るなんて信じられない
気持ちだったのです。

これが本当だとしたらコロスケは、『都合のいい時だけ女に電話をしてみるが、
それ以外はさっぱり音沙汰がなくほったらかし』、・・・みたいな悪魔のような
男じゃあありませんか!!


しかし、先日kiwiはそのシーンを生で目撃!!


2sa2430-1


その日は、久しぶりに姉夫婦宅に遊びに行かせて頂いた為、姉旦那様、姉、
kiwiで、外に食べに行ってきました。(ほとんどご馳走になってしまい、
申し訳ありませんでした。とっても美味しかったです)

散々食べて、飲んで(特に姉) 、帰ったのは夜中。

長いお留守番になり、コロスケもさぞかし首を長くして、なかなか帰って来ない
飼い主達にしびれをきらしているだろうと思いきや・・・

2sa2427-1



コロスケは、部屋に戻ってきた酔っ払い3人をケージの中から面倒くさそうに
見上げて、喜ぶ様子なんて全くなし。
相変わらずの無表情なお面顔。


旦那様がケージから出しても、

「おいらは眠いんだよ。あんたら勝手に盛り上がっててくれよ」

という冷たい態度。


2sa2428-1



そのうち、酔っ払った私たちは3人散り散りになり、個々が「コロスケ~」
と甘い声を出しながら、『誰の元に来るか』という迷惑極まりないテスト
を実施。
ケージに戻れないよう、ご丁寧にドアを閉めての実験です。

コロスケは呼ばれる方向にめんどくさそうに順番に視線を移しながら困惑顔・・・。

こんな風に呼ばれたら、誰のとこに行っても角が立つではないか!
きっとそれで悩んでいるに違いない・・・そう思った途端、コロスケは


いきなり近くにあった穴蔵型のベッドに飛び込む!!



もうとにかく酔っ払いの相手をするのが面倒くさくてしかたがないらしく、
完全に現実逃避な瞬間でした。


あれだけ普段飼い主にひっつきもっつきのコロスケ・・・。


家では意外にも、孤独を愛するクールガイでありました。

2sa2429-1


顔面は無表情で1面ですが、性格は確実に2面ある小悪魔なコロスケに、
応援のクリックよろしくね^^
 
にほんブログ村 犬ブログへ 



| trackback:0 | commnet:16 | BACK TO TOP |

たまには愛想のいいコロスケを!

昨日今日と、姉夫婦の家に久しぶりに1泊で遊びに行ってきました。
ソラは今回はお留守番。
ソラくんごめんよ~。


kiwi家にやってくると、「ここは敵ばっかりだ!!」と言いたげにとにかく
機嫌の悪いコロスケ。
敵=ソラ。
ゆえに、ソラを可愛がるkiwi家の人間=敵 という方程式が彼の中では物凄い
勢いで根をはりめぐらせる竹のように埋まって根ずいているわけです。


しかし、そんなコロスケも、kiwiが一人で姉夫婦宅に遊びにいくと、それは
もう手の平を返したように「可愛いくて愛想がよくて、とにかくラブリーな
コロスケ」に一瞬にして大変身してしまうのです!!

2sa2402-1


2sa2403-1


いつもなら、抱っこしようと思うと弾かれたピンボールのように逃げるコロスケ
も、こんな風にご機嫌で抱っこさせてくれるのです。


ところで、コロスケは自分の家ではいつもマイペース。

この日の昼間は姉夫婦は仕事に行ってしまったので、kiwiはコロスケとお留守番。
コロスケは昼間はいつも黙々と寝続ける習慣があるので、誰か居てもその
ペースは崩さず、どんどんハウスに入ってしまいます。

しかし、kiwiが持参したシュークリームをこっそり冷蔵庫から出してくると・・・

2sa2404-1



いつのまにかいる!!


無視してると少しずつ酔ってきて・・・


足元にいる!!

2sa2405-1



ジリジリと追い詰めながらおやつをねだる方法でしょうか・・・?

このあと本格的に「くれくれ攻撃」に突入したので、姉からあずかったおやつを
渡しました。

この後、kiwiがパソコンなどをいじっているときも、kiwiのお膝にずっと
お座り。
時折kiwiの顔をジッと見上げ、思わずラブリーな空気が漂ったりします。
こんな光景kiwi家に来たときのコロスケでは全く考えられません!!

しつこいですが、kiwi家に来たときのコロスケは、唯一の味方である姉の
膝から全く降りることはなく、他の人の膝に乗ることもなければ、甘える
こともありません。

kiwiは姉の膝から全く動かないコロスケを見ながら、『我が家の畳にはきっと
足を着くとビリッとする微弱な電流が流れているに違いない』と思った程です。


しかしこの日はいつもより表情も数段優しく満足げ。

今日はいつもと違う、コロスケの姿をお送りできそうじゃないですか!!

しかし・・・

その後、姉が帰ってきて、コロスケのお散歩に行くことに・・・なったわけなん
ですが・・・

2sa2406



ワガママボーイのコロスケくんのお散歩は、いつも一筋縄では行かず・・・。

何をやってもとりあえず大喜びの単純君、我が家のソラとは違い、コロスケは
嫌いなものがとにかく多い!!

お散歩も、う○ちやオシッコを一通り済ませてしまえば、もう帰りたくて
仕方がないわけです。

もう帰る!と勝手に決めたコロスケは・・・





(※リードを引っ張っている姉は、コロスケが首を痛めないよう、ちゃんと
手加減をしています^^)

このように梃子(テコ)でも動きゃあしません。
目を剥いて、ワガママを通そうと必死です。

なだめるように姉が発する、「コロスケ、歩こうよ」という声がむなしく
風に流されていくばかり・・・。(ムービーは音は出ません)

せっかく今日は、素直でいい子なコロスケのご報告ができると思ったのに、
ソラがいなくてもコロスケの頑固さは変わらず・・・。

こんな調子なのでコロスケのお散歩は、とにかくものすごい時間をかけなく
てはならなくなってしまうのです。

お散歩をしながら壮大なスケールで繰り広げられる姉とコロスケのバトル観戦
に疲れきって家に戻ってきたところで、先日コロスケの誕生日プレゼントに
kiwiがあげた服を着せてみることにしました。


2sa2407


2sa2408



キャミですが、お顔が優しいコロスケは違和感なく着こなしてくださいました。
キャミのような可愛い服は、ソラには絶対NGなので、コロスケに是非着て
ほしかったんです。

このほくほく顔からは、こ~んなにへそ曲がりなコロスケ全く想像できない
んですけどね~。


ところで、全く関係ありませんが、これはkiwiが姉夫婦宅に到着してほどない
時におやつをあげようとしたときの写真。

2sa2409


おやつを見せると睡眠を中断して出てきたので、「お座り」と言ってみま
したが一向に座る気配はなく写真の格好のまま動かない・・・。

何回言っても座らないので、飼い主じゃないのでなめられてるなこりゃあ、
などと思いながらサイドに回ってみると・・・


2sa2410-1


スイマセンでした~^^;

いつもよりは愛想の良かったコロスケに、ソラの前でも愛想良くしてね、
のクリックよろしくね^^
 
にほんブログ村 犬ブログへ 



テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:12 | BACK TO TOP |

コロスケ、4歳の誕生日!!

昨日になりますが、姉宅のコロスケが4歳になりました。
おめでとう~♪

2sa2367


年々ワガママに磨きがかかり、根性も捻じ曲がってきたような気もしますが、
忙しい姉夫婦を困らせることもない大人しいおりこうさんに成長してくれ
ました^^


2sa2368



お散歩に行けば、気分が乗らなければ歩かないで駄々をこね、勝手に散歩を
切り上げるなど、飼い主をたくみにコントロールする器用さがあり、そうかと
思えば、飼い主にしか心を開かないと言う姉夫婦からしてみれば、嬉しさ
この上ないと言う可愛げもあって、正に飴とムチを使い分けながら要領よく
生き抜いているなかなか知性派?のチワワでございます。

2sa2369



こんなコロスケは、姉夫婦宅近くのブリーダーさんの所で誕生し、信じられ
ない事に、ブリーダーさんがケージにやってくると、真っ先に元気に飛び
出してくる、兄弟の中で一番活発な子だったそうです!!


しかし、実際姉が自宅に連れてくると、コロスケは超がつくほど気が小さくて
臆病者!!
ダンボールハウスからも、ケージからもなかなか出てこない警戒心の強い
ワンちゃんでした。
そのうえ活発どころか置物のように動かない省エネ型チワワに成長・・・。


2sa2370


後からわかったことですが、ブリーダーさん宅で元気がいい印象だったのは、
「ブリーダーさんがケージにやってくるという事」=(イコール)「ごはん」と
いうことだったからのようです。


2sa2371


要するにコロスケは、生まれた時から誰よりも食い意地がはっていたため、
ごはんを目掛けて一目散に飛び出して来ていた・・・ということだったようです。
今でも、食べ物に関しての執着心は凄まじく、潔癖で他人に心を許さない
にもかかわらず、おやつが登場した途端どんな人にも喜んで寄っていく
豹変ぶりには、飼い主の姉も毎回赤面。


2sa2373



でもこんな2面性もとっても可愛いコロスケ^^

ベビーフェイスに隠された貫禄に、ソラはいまだにタジタジです(笑)
年々kiwi家での態度もでかくなり、コロスケが来るとソラの居場所がなくなる
姿は、姉が来るとkiwiの座椅子が奪われ、kiwiがくつろぐ場所がなくなる様の
縮図を見るようです。

4歳になって大人になったのだから、これからはソラとも仲良くしてもらえると
うれしいなあ~^^

2sa2374


あらためて、お誕生日おめでとう、コロスケ。

4歳になったコロスケに、おめでとう~のクリックヨロシクね^^
 
にほんブログ村 犬ブログへ 


テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:20 | BACK TO TOP |

コロスケの昔の写真をちょこっと見てみよう。

先日、ソラの赤ちゃんの頃の写真を載せたところ、コロスケのも見たいわ~、と
言ってくださった方がいたので、今日はコロスケの赤ちゃんの頃の写真を
載せて見ました。

どうです?今と色が全然違いますよね~。

2sa2199-1


ソラと違って、コロスケは赤ちゃんの時から比較的目がくりくりしていました。
でもやっぱりちょっとお鼻が長いですよね?
姉はコロスケを「オーバー」のチワワだと知っていて家に連れてきました。

2sa2201


コロスケは大層用心深い性格でして、kiwiがはじめてコロスケを見に姉宅に
行った時も、全くもってケージの中から姿を現さず・・・。
その様子はまるで夜行性の希少動物のごとし。
kiwiはどこか他の国の深い森林に、貴重な写真をおさめに足を踏み込んだ
カメラマンのような心境に陥ったほど・・・。

2sa2200


姉宅にやってきたときも、食い意地に負けるまで、ひたすらダンボールハウスに
身を潜めていたようです。

2sa2202


そしてこれが大人になったコロスケ。↓
口には笑みをたやさない微笑みの貴公子(?)に成長しましたが、愛想は相当
悪いのでお気をつけください。

2sa2203-1


ブログランキングに参加していま~す。
この頃のコロスケは、私にもとってもなついていたのに~!と歯をギリギリ
させるkiwiに、応援クリックよろしくね^^
 
にほんブログ村 犬ブログへ 






テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:21 | BACK TO TOP |

コロスケとNEWベッド2

先日、新しく登場したベッドにいまいち心を許さないコロスケの様子をお伝え
しました。

2sa1068
 ↑このベッドですね。


あの後もコロスケはなんとか上には乗るようになったとは言うものの、
いまだ慎重な姿勢を崩さず、やはりこのベッドの内側には全く心を許す気配は
ないとのこと・・・。

そこで、姉がkiwi家に来るついでに、例の新しいベッド・・・シェルベッドを
持ってきてくれました。
ここで、どうにかして内側が安全だという事を分かってもらおうと言うわけです!
姉は自宅で、なんとかコロスケに中に入ってもらおうと「おやつ作戦」を実施。
奥の方におやつを入れて、入っていただこうというわけです。
しかし、コロスケは頭を恐る恐る突っ込み、すばやくおやつを口に含むと、
罠にかかってなるものかと一目散に退散するしまつ・・・。
要するに、おやつだけをかっぱらっていくわけです。
こりゃあダメだという事で、kiwi家ではソラ君にも協力していただくことに
しました。

まず、自宅で使っているシェルベッドにソラが入り、『実は中も使えて
とってもお得!!』と言う事実を強くアピールして印象づけ、ソラが中に
入ってる状態でおやつをあげながら褒め褒め攻撃!!
おやつに目がないコロスケは、これでもかという勢いで褒められながら
おやつをもらっているソラをジ~ッと観察。
しかし、それでも内側への恐怖心は振り払えない様子!

そこで、カンガルー作戦。↓

2sa1069


2sa1070


こうやってこのまま持ち上げてしまい↑、ベッドにスッポリ入ってる状態で
褒めまくり!
そしておやつあげまくり!

すると、どうやら、さっきより少し慣れてきた感じです!
そこで下に普通に置き、「コロスケ入って」と言ってみると・・・↓

2sa1071


2sa1072


おお~お見事!!↑
入っている位置があまりにも手前で微妙ですが、コロスケ、目の前でkiwiが
手に持っているおやつに釣られて中に入り、フセまでしてくれました!!

帰り際にもこうしてチョコンと中に入ってポーズ^^↓
しかもとってもリラックスしているような感じ!

2sa1073


これでなんとか本来の使い方が出来そうですね。
よかったよかった。




テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

コロスケとNEWベッド

この前、ソラに届いたシェルベッドの色違いが、コロスケ宅にも届いたと
いうことで姉がデジカメで撮ってきてくれました。

2sa1041
グリーンの深みが可愛いです。

寒がりなコロスケに、この潜れるシェルベッドは最高のアイテムになること
でしょう!^^

・・・が、しか~し!ソラとは違いコロスケにとっては、この「潜る」という行為が
結構困難!
姉から、「予想はしてたけどコロスケ、やっぱり中に入ってくれない~!!」
という嘆きの声が・・・^^;

そう・・・実はコロスケは犬のくせに、「狭くて暗い」ところが大の苦手なのです!!
さすがしつけの先生に、「こんな犬(犬らしくない犬)見たことない!」と
言われただけはあります!!
しかも昔から警戒心がやたら強く、新しいものに対しては石橋を5回も6回も
叩いてからでないと、決して近づかない慎重な面が・・・。
(その警戒心の強さから、姉宅に来たばかりの頃のコロスケは、ケージの外の
世界がなかなか広がりませんでした・・・)

とりあえずこのベッドの機能性を大変気に入った姉は、なんとかコロスケに
有意義に使ってもらうため、「怪しくないことを分かってもらえるよう、
部屋に置いて慣らしている」んだそうです^^;

コロスケのベッドが届いたら、ブログにもちょこっと載せようと思っていたので
姉に写真を撮ってね、と頼んでいたkiwi。
届いた写真は、新アイテムを思いっきり警戒するコロスケが、なんとか
ベッドと共に画面に納まるよう、涙ぐましい(?)努力の跡が・・・。
スマン、姉貴!

2sa1040

↑シェルベッドの口の方向を見る限り、使い慣れたクッションの横に置く事で
さりげなく、そしてやんわりとベッドの存在をコロスケにアピールしつつ、
更にコロスケとベッドの両方を、キチンと画面にも入れようという意図が
うかがえます。

2sa1042

↑フカフカだという事には気付いているもよう・・・。
しかし、体の2/3は、いまだ安全圏のクッションの上にあるというあまりにも
不自然な状態・・・。
リラックスした空気が漂っているようにも思えますが、まだ彼の警戒心は
解かれたわけではなさそうです・・・。

2sa1043

↑姉がベッドに乗せて撮ったと思われるなんだか緊張した写真。
この上でスヤスヤ寝始めてくれれば、第一関門は突破できたと思っていい
でしょう。
彼がこのベッドの内側に心を許す日は来るのだろうか??

ちなみにこのブログの一番上にある最初の写真は、日付を見るとベッドが
届いた日の夜に撮ったものらしいです。
わりと無難にベッドに乗って写っていますが、よ~く見ると、後ろのクッションに
おケツが残ってるところが見逃せません。↓
2sa1041-2




ところで、ソラはといえばすでに大のお気に入りであります。↓
2sa1044-1


コロスケも早く慣れて、ベッドでぬくぬくして欲しいな、と思うkiwiです^^








テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

コロスケの沈黙するしっぽ

コロスケって、しっぽを振りません。

いきなり何を言い出すのか?と思われそうですが、本当に滅多にしっぽを
振らないのです。
感情豊かで、ことあるごとにシッポを振りまくり、時にうちわ代わりにされて
いるソラのしっぽとは違い、コロスケのしっぽは大抵どんな瞬間も沈黙して
います。
以前通っていたしつけの先生に、「こんな犬は見たことがない!」と言われて
しまうほどに、コロスケはしっぽを振って、誰かを喜ばせたりはしないのです・・・。

何故いきなりこんなことを言うかと言うと、ブログ1周年を記念して(←ウソ)、
ソラとコロスケと1泊2日の旅行に行ったんです。
丸2日一緒にいたにもかかわらず、kiwiはコロスケのしっぽが動いているところを
今回も1回も見れませんでした!(飼い主の姉に言わせれば、ちゃんと振る
こともあるらしい・・・)

ソラはといえば、この旅行でも事あるごとにしっぽをブンブン!!
特に(コロスケのすきを見ては綱渡りのようにたどり着いた)姉や姉の旦那様の
側にすり寄っては、かまって欲しいよ~!と愛想を振りまいているときの
しっぽはかなりの高速!
低いテーブルに並べてあるお料理などにしっぽが入っては大変なので、
こんな時は思わず、「ソラくん、しっぽはきちんと管理してください」と
言わずにはいられない程です。

2sa1000
姉の旦那様に抱っこしてもらい
ご機嫌のソラ。


2sa1003
マッサージが気持ちよくて、姉旦那様の腕の中で
ウットリ・・・。


ところがコロスケは、あまりの潔癖さに姉の実家であるkiwi家の人間にも
確実に壁を作っている意固地な頑固者・・・。
頑ななコロスケに、もはや第二の飼い主と思ってもらおうだなんて言う
ささやかな夢は諦めたとはいえ、せめてしっぽくらいは振っていただきたい
ところ・・・。

2sa1001
あくまでも姉の膝から降りず、決してkiwi家の人間に
愛想を振りまかないコロスケ。
ちなみに姉の蟹を狙っているところ。
今回はkiwiは1回しかコロスケを抱っこできませんでした!
(コロスケがあからさまに嫌そうにするので・・・)


なんとかしてコロスケに、元気に(そして愛想良く)しっぽを振ってもらう
方法はないかと真剣に考えているkiwiだったりします。



テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:8 | BACK TO TOP |

ベッドの使い方

前回の記事に限らず、コロスケの食い意地はもうおなじみのこと^^
下の写真は、コロスケが先月kiwi家に遊びに来てくれたときのものです。
kiwi家の夕飯が終わると、父親は必ずコロスケにおやつをあげるのですが、
これはそのときの風景。
どうなっているか分かりますか?

そう、ベッドに横になっていたコロスケは、父親がおやつを取り出した途端、
あまりにも意気込んでそのまま父親の方に勢いよく移動してしまった為、
ベッドを立ち上がらせてしまったんです・・・(--;

2sa927-1

・・・あの~、ベッド立ってますよ?↑
普段冷静なコロスケが、唯一活動的になるのが物を食べる時!!
どんな物でもキチンと綺麗に使うコロスケですが、食べ物を前にすれば
その几帳面さなんてどこへやら・・・。

2sa928
このらんらんと輝く瞳!!おやつの威力ってスゴイ!!↑

2sa929-2
ソラも乱入してみる。↑

2sa930-1
おやつを食べてるコロスケ兄ちゃんには近づかない方がいいです。↑
 
2sa931
おやつをもらって満足そうなコロスケ。なんだかくじゃくみたいですね・・・。↑

おやつをもらうとご機嫌ですが、おやつをもらい終わるといつもの愛想のない
コロスケに戻ります。
kiwi家の人間が呼んでも、こっちに振り向きません。

ちなみに正しい使い方はこちらです。↓
2sa932-1






テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:7 | BACK TO TOP |

コロスケ、危機一髪!?

先日、ちょっとヒヤッとしたことがありました。

もう2ヶ月くらい前のことなんですが、コロスケがお散歩中の別のワンちゃんに
噛み付かれ、そのまま縫いぐるみのようにブンブンと振り回されてしまう・・・
という事件があったのです!
特に大事には至らなかったのですが、その話を姉から聞いたときは本当に
ビックリしました。

2sa841


その日姉は、コロスケを連れていつもの公園へ。
その公園にある池の中にいるお魚を、しゃがみこんでコロスケと一緒に覗き
込んでいたんだそうです。
コロスケは、お魚を見るのが大好きで、その日も嬉しそうに池の中を眺めて
いました(これが池のほとりにたたずむ鳥さんなら、悪趣味なコロスケは
早速追い立てて遊ぶところなんですが、相手が魚さんだとそうもいかず、
ただただ眺めるしかない・・・というところでしょうか)。
姉がしゃがみながら横に視線を移したとき、むこうから黒いワンちゃんが
飼い主さんといっしょに、テクテクとお散歩していたんだそうです。
そのゆったりとしたのどかな様子は、園内で見れる微笑ましいいつもの光景で、
姉はすぐ池の中のお魚とそれをながめるコロスケに視線を戻しました。

けれどその黒いワンちゃんが姉の後ろを通り、コロスケの真後ろを通過しかかった
瞬間、いきなりコロスケに噛み付くと、コロスケを振り上げて、ブンブンと
力いっぱい振り回しはじめたのです!
コロスケの天に突き刺さるような悲鳴で、観光地にもなっているこの公園は、
その場所をグルリと囲んで騒然となったそうです。
姉は人形のようにグラングランに振り回されるコロスケを目の当たりにして、
そのあまりの恐怖に、この時の様子をコマ送りのようにしか覚えていない
ようでした。

2sa842


何をどうやってコロスケがそのワンちゃんの口から離されたのかは分からない
のですが、とにかくコロスケはなんとかそのワンちゃんの口から逃れることが
出来ました。

今回本当にビックリしたのは、こういう事になる前フリのようなものが全く
なかったという事です。
お互いの犬はきちんとリードに繋がれていて、どちらかの犬が吠えたり威嚇したり
することもなく、ただただ穏やかにすれ違っただけだったのです。
飼い主さんによると、このワンちゃん、今まで一度も他のワンちゃんに
噛み付いたこともないし、姉が見たときも、本当におりこうに飼い主さんの
横について歩いていたんだそうです。
そしてコロスケも、池の中のお魚を鑑賞していて、ワンちゃんが近づいてくる
事に、気付いていなかったようです。
それでも何かの拍子に野生の何かが反応して、噛み付いたりすることもある
のだなと思いました。

きっと姉の脇にチョコンと座るコロスケは、ワンちゃんの位置からは死角に
なってしまい、真後ろを通る時に初めて目にとびこん出来たのかもしれません。
それがピョコピョコと動いていたので、きっとビックリしてしまったんでしょうね。

今回はコロスケの怪我は背中の歯が食い込んだところが2ヶ所、2センチずつ
くらいの傷が出来て出血しましたが、内臓に損傷はなく、大事には至りません
でした^^
怪我が軽くてよかったね、コロスケ。

小型犬も他人事ではなく、他のワンちゃんを噛んだり、小さな子供を噛んで
しまうこともあるかもしれないし、ソラは吠え癖があるから、やたら吠えて
のんびりお散歩をしているワンちゃんを怒らせてしまうこともあるかも
しれません・・・。
噛まないように、そして噛み付かれない様に、kiwiも十分気をつけよう・・・
と思いました。

2sa843



テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

黙って○○○

ソラは機嫌が悪いという事がほとんどありません。
以前も書きましたが、それはソラはあんまり物事を深く考えないからでは
ないか・・・とkiwi家の家族は考えています。
よく、忙しくて遊んであげなかったり、お留守番を長くさせたり、何かイタズラを
したので叱ったりした後、犬が全く愛想がなくなり完全に拗ねてしまう・・・
そんな話をよく聞きますが、このようなお話を聞く度に「物をよく考える
おりこうさんなワンちゃんだな」とkiwiは思うのです。

2sa457


そんでもってコロスケは、昔からそんなワンコ達のようにキチンと物事を考えて
行動するタイプの犬でした。
その為に飼い主の姉が苦労することも多く、以前など散歩中に座り込むコロスケの
リードを強引にひっぱった・・・というだけの事で、コロスケの無駄に高いプライドを
いたく傷つけ、その後何時間も冷戦状態に突入した・・・ということもありました。
内なる怒りを秘めることの多いコロスケは、ソラを飼い始めたkiwi家の人間を
いまだに許すことはなく、頻繁に出入りし家族と何度も顔を合わせているとは
思えないような冷たい態度を、素晴らしい根気で今現在もなお、kiwi家の家族に
対して貫き通しているのです。

2sa458


そんな頑固な面もあるコロスケですが、実は小さい頃からとても大人しく、
全く手のかからない大変おりこうさんの犬でした。
優等生なだけに、実はお留守番も大得意!!
ジッとしていることが大好きなコロスケは、1日中ケージの中にいてもさっぱり
苦にならないほど、丸くなって寝ているのが大好きなのです。
姉が出かけるのならばハウスを命じられても決して嫌がらず、ききわけのよさを
発揮し、すぐにケージの中へ。
忙しい姉夫婦を気遣って成長したからなのでしょうか?(←kiwiの考えすぎ)

2sa459


そしてつい先日のこと。
姉夫婦は仕事の後も用事・・・という事で家に帰るのが大変遅くなってしまいました。
(コロスケの夕飯は一旦帰宅して食べさせたそうです)
けれど前述したように、そんなことはしょちゅうで、コロスケも慣れっこ。
先に帰宅した姉は、深夜に帰ったときはいつもそうするようにコロスケの
相手もほどほどにし、お風呂に入り寝室へ。
姉は、寝入り初めだけコロスケを自分のベッドに上げて一緒に過ごすのが日課
なので、長いお留守番の時間を埋めるようにこの日もコロスケをベッドに
上げたままウトウト・・・
(いつも姉が完全に眠ってしまうと優しい旦那様が、コロスケをケージに戻して
くれるんだそうです)

そしてその後、旦那様がご帰宅。
寝入り始めた姉の耳に、旦那様の声が・・・。
「コロスケは?」。
コロスケは姉が寝てしまったため、多分リビングに移動して一人くつろいで
いるのでしょうが、耳を疑ったのは旦那様が次に言ったひとこと・・・。

「廊下にう○こが落っこってるんだけど、これ・・・コロスケのだよね?」

ええ~っ!?
と叫びたいところですが、それ以外にはまず考えられないでしょう!!!!

リビングにてひとり涼しい顔でくつろいでいたコロスケは、速攻ハウスと
あいなりました。

2sa460


トイレは完璧なコロスケ。
腹いせにその辺におしっこやう○ちをしたことはあるけど、それも小さな頃の話。
綺麗好きで、トイレシートすらも美しく使用するコロスケが廊下にう○ちとは・・・。

コロスケ、遅くなった姉がコロスケの相手もそこそこにベッドに入ってしまい、
挙句のはてに間髪いれずに寝息をたて始めたことが、この日は相当気に食わな
かったようです。

吠えるでもなく、起こすでもなく、コロスケがとった行動は・・・「黙ってう○こ」。


それでも君はおりこうだと思うよ、kiwiはね^^

(写真は全てコロスケです)



| trackback:0 | commnet:12 | BACK TO TOP |

コロスケ、凶暴犬への道

姉夫婦宅のコロスケは小さな頃からとっても大人しく、これといって困った
凶暴性もなければイタズラもなくて、しつけというものをほとんどしなくて
すんだそうで、ハチャメチャなソラをず~うっと躾けようと大奮闘してきた
kiwiとしては、とにかくそれは羨ましいかぎり・・・!!
ソラときたらコロスケの10倍動き周るハイパー犬で、当時コロスケの
行動データしかなかったkiwiは、ソラの予想不可能なイタズラと大胆な行動の
数々に、それはもう毎日困惑させられていました。
犬初心者のkiwiはこの2匹のあまりの行動の違いに、「犬にも色んな性格の
持ち主がいて個性がある」と言うことを身をもって体験したわけです。

2sa266
いつもこの顔。

前フリが長くなりましたが、そんなお行儀がいいコロスケくん、先日久しぶりに
トリミングに行ったところ、とんでもない凶暴犬に豹変してしまったんだそうです!!

2sa267
寄ってみましたが同じ顔。

その日コロスケは2ヶ月ぶりにトリミングに。
いつもは1ヶ月に1度は行くマメな姉ですが、今回は忙しかったのもあって
少し間が空いてしまいました。
コロスケを抱っこしてお店に入ろうとした瞬間、コロスケいきなり大暴れ!!
いやだいやだと姉の手を噛むフリ!!
噛むしぐさなんてほとんどしたことがないのに!
その後、いつもコロスケを担当してくれているトリマーさんに引渡し作業に
入っても、変わらず大暴れでまたもトリマーさんの手を噛もうとしている!!
コロスケは口の構造上、簡単には人の手を噛むことができないのでかろうじで
惨事には至りませんが、これは忌々しきこと。
コロスケはものの5分で、トリマーさんから「無理です」と返却されたそうな・・・。
(ちなみにソラは、コロスケの逆で実に人の手や物を噛むのに適する、
”森に置いてある獲物が通るとガチン!!としまる罠”みたいな口をして
いる為(受け口なんです)、kiwi家ではしょっちゅう流血騒ぎになっています。
誰も、この口に噛まれるのがわかっていてヤツの口元に手を伸ばす者はいず、
髭きり等の危険度の高い作業は立場の弱いkiwiが引き受けるため、血を
流しているのは結局kiwiしかいませんがね・・・)

2sa268
下からでも同じ顔。

特に困ったこともない分、これといった特技の全くないコロスケは、
「お行儀がよく、なにがあっても噛まないのが唯一の自慢」・・・(姉談)。
その為姉はこのことに大変驚き、ショックを隠せない様子。
(姉は必要以上にコロスケを信用してしまう為、この類のことが何回あっても毎回同じようにショックを受けてしまうのです)
とは言え2人がかりでトリマーさんがトライしてくれたのに、あえなく
1本の髭さえ切ってもらうこともできないまま返却されてきた時の虚しさは
計り知れないものがあるでしょう・・・。
以前通ったしつけ教室の先生の、「こういうコロスケくんみたいなワンちゃんが
ある日突然噛み付く犬になったりするんだよね」という言葉が頭をこだま
し続けたようです。
しかしここは飼い主、「こんなおやじみたいなちょび髭で歳を越すなんて
絶対嫌だ!!」と思ったらしく、トリミング店で大暴れし、お散歩に行って
体力を大幅に減少させたコロスケをガッチリ押さえつけ、自宅で髭を切った
ようです。

コロスケ・・・「噛み噛み攻撃」はどこで覚えたの??
まさかソラのを見て覚えたわけじゃないよね??
ちなみにソラの困った吠え癖は、コロスケに教えてもらったものです。

| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

犬と大喧嘩

先日姉から、激しくお怒りの電話がかかってきました。
原因はコロスケ。
「ちょっと聞いてよ、うちの犬の話を!!」
これでドカンと愚痴を言ってからでなければ、到底コロスケを許す気には
なれない、とでもいうような勢い。

2sa161
僕はソラ。コロスケじゃないです。

最近コロスケは先日通ったしつけ教室の効果が少しずつ薄れてきた為、
わがままな部分がモグラたたきみたいにヒョコヒョコ顔を出します。
マーキング密度が濃いためストレスが溜まりまくった散歩も、一時期は本当に
良くなって、お散歩は当初の3分の1の時間で済むようにさえなっていました。
・・・が、姉のしつけに対する情熱が氷水で冷やすようにみるみる消滅するに
したがい、コロスケは以前のように頑固に意思表示するわがまま犬に少しずつ
逆戻り・・・。
そしてこの日の散歩では、「俺はここで絶対にマーキングする!!」と大地に
4本の足を張り付かせ断固主張。
日に日にコロスケに対するコントロール権を失いつつあった姉は、「これは
マズイ!逆戻りだ!」と焦りだし、「今日は決してお前の意見を聞くわけには
行かない」、とリードを引き戻す。
すると、見事にヘソを曲げたコロスケは、自宅に帰った後も姉の命令をサッパリ
聞かなくなってしまったのです。

2sa162
寝てるのに・・・

「ゴロンだよ、ゴロン!」
お腹を見せるように言っても、コロスケはおもちゃ箱のほうに行ってお気に入りの
おもちゃを引っ張り出し、「いいや、ゴロンじゃない。遊べ」と姉に命令。
何度「ゴロンをしてからだ」と姉が主張しても、「いいや遊べ」と勝負のつかない
綱引き状態。
挙句その後もコロスケは姉の命令を聞き流し続け、姉が仕事に出かけようとケージ
入れると「なんでケージになんていれるんだ」と抗議の吠え。
これでキレた姉は、旦那様とともに仕事から帰ってきた後もコロスケを無視
しているというのです。(しつけ方法のひとつ。こうしてしばらく無視すると
ワンチャンは反省していい子になるそうです。)

2sa163
最近すぐ邪魔されます。

姉は電話で無視中のコロスケの名を出せない、と言って(犬は自分のこと
話してると絶対わかりますよね!)「家の犬、家の犬」と慎重に言葉を選び
ながら、受話器に怒りを押し込んでおりましたが、なんだかこの喧嘩、コロスケ
らしくて笑えてきてしまいました。
ここがソラとは絶対的に違うとこ。
昔からコロスケは何かムッとしたことがあると、きちんと怒り抗議し続けます。
・・・が、ソラは何かあっても継続して怒るということがありません。
単純なソラは、何かに怒っても怒りをそこに置き去りにしてきてしまい、
不機嫌な気持ちを持続することが出来ません・・・何か不機嫌になることがあって
も、その一瞬だけで見事にすぐ忘れてしまうのです・・・!
一見気性が荒いのは明らかにソラですが(だって怒ってkiwiの手を噛みます
から!!)、その実は粘着質で根に持つコロスケの方が、よっぽど扱いづらい
1面が多いのです。

姉とコロスケの喧嘩・・・これってある意味羨ましい??
ソラとじゃあ・・・kiwiが一人でカッカしてるだけで、本人ケロツと忘れてます
から・・・。
いや・・・でももしかしたら、実は覚えていて、わざとサラッと流してる・・・?、
ソラって本当は物凄~い大人だったりして・・・!?。←ウソ。

ちなみに、コロスケの無視はその後30分で終了。
仲直りしたみたいですよ。
2sa164
でも怒らず無視してこうして寝てしまうと
kiwiは諦めます。
フッ、勝った!
| trackback:0 | commnet:8 | BACK TO TOP |

コロスケ!大パニック!!

昨日は姉の”いく”と私kiwiの寿命は確実に何年か縮んだはずです。
今までも、犬のことで慌てたりパニックになってしまったことは
沢山あるけど昨日は相当パニくりました。
それは・・・コロスケが喉にガムを詰まらせてしまったからです!!!
ああ、今私はとってもコロスケを抱きしめたい。
そして叫びたい!「生きててよかったねコロスケェエエ!!!」
2sa62


この日姉はコロスケを連れてkiwi家に遊びに来ていたのですが、最近コロスケ
に与えている犬用ガムをソラにも・・・と言ってもってきてくれました。
(勿論ソラは生まれて初めてのガム)
それを半分コして食べてる時に事件は勃発!!
コロスケが最後の一かけのガムを飲み込んだ瞬間奇声を発し、のた打ち回って
しまったんです。
kiwi家は一瞬大パニックとなりました。

結局、パニックの最中コロスケの喉からガムは胃にポトリ・・・。
大事には至らなかったものの、病院などにあわあわしながら電話したり無駄に
意味もなく走り回ってしまったりした姉とkiwiのパニックぶりは相当見もの
だった事でしょう。
冷静になってからこの時のことを検証、姉に記憶のビデオテープを巻き戻して
もらいました。
2sa64


姉がコロスケとソラにガムを与え、この後散歩に行く予定だった為、しばらく
ソラやコロスケのガムを食べる姿を眺めたkiwiは支度のため部屋を退出。
コロスケは手馴れた様子でガムを噛み噛みしていましたが、ソラの方は、
この初めて見るわけの分からない厄介な食べものに途中で飽き始め、ガムを
ぶっ飛ばしたりして遊び始めた・・・。
姉の膝の上で自分のガムを食べながら横目でソレをチェックしていたコロスケは、
「あいつはもう、あのガムを食べないだろうな」と鋭い判断。
そこでコロスケはさっさと自分のガムを平らげて、ソラのガムにとりかかろうと
考えたわけです。
この世で自分の事を最強の敵だと思い込んでビクビクしているソラからガムを
奪うことなんてコロスケから見たらたやすい事・・・だったらとにかくソラが
ガムの攻略方を発見して、食べ初めてしまう前に奪ってしまおう・・・。
名案を頭にしたためたコロスケは、残りわずかになった自分のガムを、
(いつもは勿体つけていつまでも骨をしゃぶるように名残惜しく味わうところを)
でかいままゴクリと飲み込んでしまったわけです。
その途端!それが喉にひかかり奇声を発し、ベットに体を擦り付けながら
のたうちまわってしまった・・・と言う事のようです。

2sa64


この恐怖を味わった姉はあんなに毎日与えていたこのガムを速攻その場で捨て
ました。
kiwiがソラにもらったガムも、あらら、ゴミ箱の中へ。
姉のショックのでかさをうかがわせます。

要するに、詰まった・・・というか「食道のどこかに引っかかった」という事だと
思います。
その後ぐったりしながら散歩に繰り出した私達・・・が、コロスケはケロリとした様子で
元気に歩き、走り回っておりました。
私は思った・・・もしコロスケに言葉が理解できたなら絶対にこう言ってやろう・・・

「食い意地は身を滅ぼす。」 格言

「食道は お前の欲ほど 太くない」 一句

分かった!?コロスケ!!!

ああでも本当によかったよう~~~!!
みなさんもガムをあげる時は本当に気をつけてくださいね。
それにしてもソラ、初ガムとの出会いはわずか10分。
もう2度と、巡り合うことはないでしょうね。
(ガムを全否定する文章ではありません。ご了承くださいね)
| trackback:0 | commnet:12 | BACK TO TOP |

コロスケの執着

先日のドッグカフェ後、姉とコロスケと共にkiwi家へと帰宅。
するとすると、最近トイレで散々kiwiを悩ませているソラが
何だか落ち着かなくなり、テテテ・・・とトイレシートに直行し
オシッコをした!!!
ああ・・・久しぶりです、この光景。
(ソラは、マーキングを外でしたいらしく、家で用足しを
しなくなってきちゃってたんですよね。)
とにかく嬉しくて嬉しくて、大げさに褒めて褒めて褒めまくって
おやつをあげました。
「お家でオシッコをするといいことがある!!」と思ってもらう
為に、とにかくテンションをあげてあげて、褒めて褒めた。
ソラは「ええい、褒めもナデナデもいいから、早くそのおやつを
よこせ!!!」って感じだったけど、貰ったおやつを嬉しそうに
食べていました。

2sa20
2匹の距離は・・・

・・・するとすると・・・突然コロスケまでトイレシートにし~っ。
コロスケは家でも外でも用足しますが、kiwi家とか自分の家
以外だとやっぱり緊張するのか、トイレシートを姉が持参して
来てもあんまりしないんです。
念の為程度にそこに置いてある感じになってるんです。
それが急にしたんで、私は現在のソラのトイレの悩みが
あったんで思わずんで姉に「すごいなあコロスケ」と言うと、
姉は意外にも苦笑い。

「・・・今、オシッコしたらソラがおやつもらってたから自分も欲しくて
しただけだよ」

・・・そう、忘れてはいけなかった、コロスケのおやつへの執着を・・・。
(詳しく知りたい方は「コロスケのこと」をご覧ください。)

しかしkiwiは、おやつさえちらつかせればこれほどにも素晴らしい
カンを働かせるコロスケを再び尊敬。(今までも、おやつ絡みでの
コロスケの素晴らしい訓練の習得を目の当たりにしている)
臆病で、潔癖症、飼い主命のコロスケが何か驚くべき行動を起こす時、
その原動力はいつも飼い主の温もりでも、飼い主との楽しい遊びでも
なく、おやつでした。

2sa21
いまだに縮まってません。

ソラもこんな風に関連付けがうまければ、トイレの件も早めに
解決するだろうに・・・。
恐らく、トイレができたからさっきおやつをもらったとは
あんまり・・・思ってないと思います。
おやつも・・・目の前にあればさっきみたいに欲しくてワタワタ
してるけど、なきゃあなくてもそれで・・・って犬です・・・。
目の前からおやつが消えれば(おやつがしまわれたり)、
それでも尚再びおやつが現れるようにとコロスケのように
念力で人を動かそう等いう執着心はひとかけもないんですよね・・・。
どっちがいいかは複雑なところ・・・だなあ。

ああ・・・また長い日記申し訳ありません。
次回こそ、きっと短い文章で!!

| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |
| ホーム |

ブログ、H.Pのお知らせ等

ランキングに参加しています^^
1日1回クリックしていただけると嬉しいです^^




にほんブログ村 犬ブログへ

プロフィール

sa2.jpg

このブログに登場する2匹の紹介です。
左:弟分のソラ 右:兄貴分のコロスケ
(血縁関係はないです)
下が詳しいプロフです↓

プロフィール1
ソラ♂ ロングコートチワワ
誕生日 2004 2月22日
kiwi(キウイ)家同居
アンダー(受け口)で、鼻ぺちゃな為、
最近パグとのミックス犬と間違われ、
落ち込む。

プロフィール2
コロスケ♂ ロングコートチワワ
誕生日  2003 1月3日
姉(いく)夫婦宅同居
お口がソラとは逆のオーバー。
飼い主を巧みにコントロールする我がまま犬。
ソラとは犬猿の仲!

kiwi改めキウイ 管理人

ソラのホームページはこちらから↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

トラックバック

最近のコメント

記事に関係なくてもかまいません。 フラッと立ち寄って下さった方もどうぞお気軽に。BBS代わりにどうぞ。

ブログリンク

リンクさせていただいている「ブログ」のリストです。 リンクさせていただいている「ホームページ」のリンクは「ソラにちわわ雲」のリンクのページにあります。 相互リンクしてくださる方、常に募集中~。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

メールはこちらから^^

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。